白髪研究報告!白髪になる6つの原因

白髪研究報告!白髪になる6つの原因

白髪になる原因は遺伝や加齢というのがよく聞く話ですが他には白髪になる理由はあります。

 

最近白髪になったなぁという方はもしかしたら違う原因で白髪になっているかもしれないので確認して見ることいいと思いますよ。

 

 

白髪になる原因

遺伝

遺伝

遺伝による原因は科学的にはまだ解明されてないのですが、若白髪など白髪になりやすい人のデータをとってみると、確実に白髪の多い人や白髪になるのが早かった人は家族に白髪になるのが早かった人や、白髪の量が多い人がいます。

 

遺伝との関係はわかっていませんが、データに基づい遺伝による傾向があるのは事実なんだそうです。

 

加齢

加齢

平均して男女共に白髪になるのは35歳前後からなんだそうです。
白髪になるのは髪の毛を染めるメラノサイト細胞の動きが悪くなって髪の毛の色、メラニンを髪に入れなくなるから白髪になるのですが、加齢によってこのメラノサイト細胞の動きが悪くなります。

 

病気

病気

病気によっては白髪になってしまう病気もあるそうですが、白髪になる前に身体に何かしらの症状があらわれることが多いので白髪になって病院に行って病気だと発見されたということはあまりないそうですが原因の1つなので入れました。

 

病気が原因の場合は治療が終われば治ることが多いそうです。

 

薬の副作用

薬の副作用

抗癌剤などの強い薬の副作用として白髪になるということがあります。抗癌剤や肝臓系の薬など内臓を改善するために使う薬の副作用が多いそうです。

 

完治した後に服用をやめればそのまま白髪は黒い髪になって治るそうです。

 

ストレス

ストレス

現代病の1つと言われているストレス。
実際に映画などで、だれかが死んで次の日に真っ白の白髪に・・というシーンがあるぐらいストレスで白髪になる話は有名ですね。
仕事でストレスを感じてゆっくりと白髪になっていくということはよくある話ですし、実際に仕事を辞めたら白髪が治ったと言う話もよくあります。

 

睡眠不足、栄養不足などの生活習慣

生活習慣

髪も栄養を使って伸びているし髪を染めています。
偏食で栄養がかたよったり、夜更かしを続けて睡眠不足になったりすると白髪になる場合があります。
身体はまず生きていくために必要な内臓や筋肉、骨や脳などの機能を最優先にして栄養を使うのであまり生きていくために必要ないとされている髪の色に使う栄養が不足していきます。
食生活や睡眠不足などの生活習慣病の場合は十分な睡眠をとって、バランスの取れた食事をすればゆっくりですが確実に白髪は治っていきます。

 

 

 

 

白髪になる原因は大きく分けてこの6つと言われています。
遺伝や加齢だけが理由ではないので思い当たることがある人は改善してみると白髪が治るかもしれないですよ。

 

 

白髪染めトリートメント一覧へ

サイトメニュー