誰も語ろうとしない市販の毛染めの危険性

誰も語ろうとしない市販の毛染めの危険性

市販の白髪染め

市販の毛染めと言われれるものにはかなり高い毒性が含まれているのを知っているでしょうか?

 

例えば、

  • 発がん性が指摘されている化学薬品等も市販の毛染めには入っています。
  • 小さな子供があやまって誤飲した場合は最悪死亡する可能性もあります。
  • 目に入った場合は最悪のケースでは失明する恐れもあります。

という非常に危険なものです。

 

もし、ウソと思うのであればインターネットの検索で、毛染め危険性、白髪染め危険性、などと検索してもらえればどれだけ危険なのか?ということが詳しくわかります。

 

でも、こういうことを知っているのに言わない人が多いのが不思議でなりません。

 

ほとんどの市販の毛染めに入っている成分だけをピックアップして危険性を説明していきます。

 

市販の毛染めの危険な成分

ジアミン(PPD)

毛染めによく含まれている物質名
  • フェニレンジアミン
  • バラフェニジアミン

通称ジアミン(PPD)と言われている化学薬品です。
このジアミンは黒い色に染めようとすると含有量が増えていく薬品です。

 

ジアミンは使うことによって、

 

がん、気管支喘息などの喘息、皮膚炎、結膜炎、貧血、肝臓疾患

 

などのおそれがあります。

 

世界で見ると1991年にフィンランドでは一般使用が禁止になっていて他の国でも多くの国が一般仕様を禁止あるいは禁止しようとしています。

 

アミン系

毛染めによく含まれている物質名

  • アミノフェノール
  • バラアミノフェノール
  • レゾルシン

アミン系と言われている化学薬品
ジアミン系と同じ症状があると言われている成分。
他にも血中に入るとチアノーゼになるおそれもあります。

 

 

過酸化水素水

 

発がん性、アレルギー障害、肝臓疾患等のおそれがある化学薬品。
1980年までは普通に食品にも使われていた化学薬品ですが、現在は食品メーカーの自主規制によってあまり使われていない薬品です。

 

なぜ1980年なのか?というと1980年に「マウスで実験したところ十二指腸がんになることがわかったとして使用を禁止する」と正式に厚生省が食品メーカーに使用禁止の通達しているからです。

 

謎なのがその翌年に態度を180度変えて使用を厚生省が許可したこと。理由は過酸化水素水を使っても、過酸化水素水を分解するカタラーゼを使用すれば分解できる、残留しなければ問題ないとしたのです。

 

 

なぜ厚生省は使用許可を出したのか?

 

過酸化水素水

少し話はそれますが

 

厚生省が使用許可を出さざるをえなかったのは水産加工業界、とりわけ数の子業者に過酸化水素水に変わる化学薬品がなかったということが原因と言われています。

 

過酸化水素水は殺菌効果のある便利な化学薬品なのですが、数の子を殺菌するときにその代わりになるものが無かったのです。
そこでカタラーゼをという過酸化水素水を中和する成分を発見したから使わせてくれと厚生省にお願い(圧力?)をしたと言う話があります。

 

過酸化水素水はオキシドールや洗濯洗剤にも使われている成分です。

 

なんか数の子食べた時に臭いな〜と思うときにはもしかしたら過酸化水素水の残留物なのかもしれない可能性もありますね。

 

過酸化水素水は食品に使われていてもカタラーゼを使って分解しているから問題ないとして食品に表記されることはほとんど無いそうです。

 

世界で毛染めを見てみると・・・・

日本の情報だけではなくて世界的に見るとかなり毛染めは良くないと言う研究データが上がっています。

 

調べてわかったことだけでもこんなことがありました。

 

アメリカ癌研究所

 

髪を染めている女性はガンになる可能性が約50%も増える。

欧米ガンシンポジウム

 

毛染めの使用によって白血病は50%増加

アメリカ紙ニューズウィーク

 

毛染めでガンになると紙面で発表

スウェーデン大学病院 研究者オーレックナーウールソン

 

毛染めを使うとリウマチになる可能性が約2倍、毛染めを定期的に使う場合は膀胱がんを発症する確率が高くなる

 

などなど、こういったことがもうすでに世界では言われています。

 

なぜ日本ではこういったことを教えてくれることはないのでしょうか?

 

何も言わないと私達は安全だと思って使います。

 

もし、市販の毛染めが身体に悪いことがわかったら使うことはしない人もいると思うのです。
使うか使わないか?選択出来る情報を与えてくれないのはちょっとズルい

 

これでも使いたいというのであれば自由ですが、これを知ってから私は使うことを止めました。

 

白髪染めトリートメント一覧へ

サイトメニュー