完璧じゃない!毛染めトリートメントのメリットデメリット

完璧じゃない!毛染めトリートメントのメリットデメリット

身体に安全な毛染めのトリートメントですが万能ということはありません。

 

世の中に完璧なモノというのはないように毛染めのトリートメントにも同じ事が言えます。

 

そこで、トリートメントタイプのメリットデメリットをまとめてみました。

 

メリット

身体に悪いと言われている市販の毛染めの化学薬品が入っていない

 

ジアミンやレゾルシン、過酸化水素水などの化学薬品が一切入っていません。
(これらの物質が体に悪いと言われている理由はこちらの記事を参照)

 

身体にストレスをかける化学薬品が入っていない安心できる毛染めです。

 

髪がごわごわになったりしない

 

市販の毛染めの化学薬品が入っていないのでアレルギー反応が出ないのは当然ですが髪質も変わります。

 

市販の毛染めは髪のキューティクルを開いて染料を入れる作りですので、開いたキューティクルは閉じることがありません。なので、開いたままの状態だと髪に必要な水分やタンパク質が流れてしまって髪がごわごわになる。

 

これが市販の毛染めを使うと髪がごわごわになる理由なのですが、トリートメントタイプの毛染めはキューティクルを開いて染めるタイプではないので、髪が痛むということはありません。

 

どちらかというと髪がキレイになることが多いです。

 

髪のまとまりが良くなってヘアセットもキレイに出来るようになります。

 

 

トリートメントのデメリット

1回ではキレイに髪が染まらない

 

天然成分が多く含まれていて、市販の毛染めに使われている化学薬品が入っていないので髪に色を定着させるまでに時間がかかります。

 

ほとんどのトリートメントが1回では染まりません。数回使い続けて色が定着するという作りです。

個人差がある

 

髪質や髪の痛み具合によっては染まりやすかったり染まりにくかったりします。

 

トリートメントを販売しているメーカーによって入っている天然成分が違うので試してみないと染まりやすいか染まりにくいか1人1人わからないのが現状です。

 

その為、全額返金保証を付けて対策しているメーカーがほとんど・・・

 

使ってみないと染まりやすいか染まりにくいかがわからないのがネックです。

 

 

 

毛染めに完璧な商品がないのが現状なのでトリートメントタイプにも弱点があります。

 

 

1回でキレイに染めて楽がしたいなら市販の毛染めを使ったほうがいいですが、アレルギーの危険性や長期的に使うものなので身体がよろこぶものを使いたい、頭皮や髪のことを胎児にしたい場合にはトリートメントタイプの毛染めですね。

 

白髪染めトリートメント一覧へ

サイトメニュー