アレルギー要注意!パッチテストでアレルギーテストする方法

アレルギー要注意!パッチテストでアレルギーテストする方法

毛染めをしてアレルギーが出るか?出ないか?調べる方法は?

 

毛染めを使って頭皮があれる可能性があるということは知っているでしょうか?

 

頭皮が赤く腫れる、かゆいなどの症状が出た場合は毛染めの中に入っている薬品によって起こっているアレルギー反応です。

 

一般的な毛染めには全て
「アレルギー反応があるか調べるために使う前にはパッチテストを行なって下さい。」
とどの商品にも書かれています。

 

もちろん、パッチテストを一回やって問題なかったからといって次回からしないということではなく、アレルギー反応がいつ起こるかわからないので毎回やることが書かれています。

 

体調の変化や髪質の変化でアレルギーになることがあるので「必ず」「毎回」とまで書かれてあります。

 

なんでそこまでやらないといけないのか?はココに書いた記事を読んでもらえればわかるかと・・・・

 

 

 

パッチテストのやり方

 

パッチテスト

(1)パッチテスト用の試薬の準備

市販の毛染めを購入すると中に1剤2剤と混ぜあわせて使う薬剤が入っているのでこれを混ぜあわせる、1剤2剤と分かれてない場合はそのまま

 

(2)皮膚の弱い部分に塗布

二の腕の内側や、足の太ももの内側などの皮膚が薄い場所に10円玉ぐらいの大きさまで延ばして塗ります。

 

(3)48時間放置

30分ぐらいそのまま放置していると染料が固まってくるのでそのまま48時間塗った状態で放置。

 

固まってしまえばそんなに落ちることはないのですが、もし落ちるかも?と思う場合は染料を塗った上からバンドエイドなどでガードすればはがれにくいです。

 

48時間経つ前に、かゆみや腫れがあった場合はすぐに洗い流して使用を止めて、皮膚科の先生に相談してみて下さい。

 

基本的にアレルギー反応が出た場合は毛染めの使用は絶対に止めたほうがいいです。

 

使っても頭皮があれるだけになってしまいます。

 

 

白髪染めトリートメント一覧へ

サイトメニュー