危険かそれとも安全か?市販の毛染めとトリートメントの違い

危険かそれとも安全か?市販の毛染めとトリートメントの違い

ドラックストアで気軽に買えるタイプの市販の毛染めと、通販で買うのが基本になるトリートメントタイプの毛染め。何がいったい違うのか?

 

わかりやすくお互いの違いを比べてみます。

 

毛染め比較

 

安全性は?

 

安全性

安全性を考えると圧倒的にトリートメントタイプの毛染めです。

 

市販の白髪染めには発がん性の恐れなどのある身体ににわるいと言われている化学薬品が入っているので喜んで使うということはできません。

 

市販の毛染めの危険性を詳しく知りたい方はこちらを参考にして下さい。
(⇒ 誰も語ろうとしない市販の白髪染めの危険性

 

その点トリートメントタイプの毛染めにはそういった成分が入っていないので安心して使うことができます。

毛染めトリートメントの価値

 

 

 

 

 

染まりやすさ

 

染まりやすさ

染まりやすさは、市販の毛染めがものすごく良いです。

1回使えばキレイに染まるし、色の定着も良いので一度染めたら色が落ちるということはほとんどありません。

 

その点、トリートメントタイプの毛染めは何回か使ってだんだん染まってくるという作りです。
色が定着して染まりきった後も定期的に使って行かないと色が落ちてしまうのでどうしても手間がかかります。

市販の毛染めの勝ち

 

 

頭皮と髪のダメージはどうか?

 

髪のダメージ

ダメージはトリートメントタイプの毛染めがとても身体に優しいので市販の毛染めが戦える余地はありません。
使えば使うほど髪がしっとりしてきた、アトピー肌でも使えたという使った人の嬉しい声があるのがトリートメントタイプの毛染め

 

頭皮と髪のことを考えるならトリートメントタイプですね。

毛染めトリートメントの価値

 

コスパ、値段はどちらか?

 

コスパ

これは、ハッキリとはいえないです。市販の毛染めでも安いものなら500円とか700円で売られているので安めの物を使うなら市販の毛染めのほうが安く付きますが、ちょっと高めの毛染めを使う場合はトリートメントタイプの毛染めとほとんど値段が変わらないことになってしまうからです。

 

選ぶ商品によってこれは変わってきます。

引き分け

 

 

毛染めの違いまとめ

 

 

お手軽さを求めるなら簡単に手に入って1回でキレイに染まる市販の毛染めです。

 

安全性や頭皮、髪のダメージを考えるならトリートメントタイプの毛染めになります。

 

どちらを使うかは好みですが、私なら何年、何十年と使っていくので安全を考えたいなと思いますね。

 

白髪染めトリートメント一覧へ

サイトメニュー