市販の毛染めウラの裏、使って死亡した人がいるとは・・・

市販の毛染めウラの裏、使って死亡した人がいるとは・・・

危険はある日突然に・・・

 

日本ではあまり有名になってない事件があります。

 

それは毛染めを使っていて死亡したという日本人女性がいる事件です。
第6回日本アレルギー学会で正式に発表されています。

 


染毛剤の影響によると思われる喘息の発作で死亡したと認められる事故がありました。

 

死亡したのは長崎県に住む54歳の女性。

 

29歳の時からアトピー型のアレルギーで、染毛剤の使用後に3回程度の小さな発作を起こしていました。

 

93年8月、髪を染めている時に喘息が起き、直後に意識がなくなり昏睡状態に。

 

近くの病院に運ばれた時には心肺停止の状態で、14日目に死亡した。

 

 

第6回日本アレルギー学会春期臨時大会(94年4月)
長崎大学医学部第二内科 藤原千鶴氏 発表

 

 

原因はいったいなんだったのか?

 

アレルギー

原因はアナフィラキシーショック

 

アレルギーによる身体の過剰反応が原因です。

 

毛染めによる化学薬品によって体内に化学薬品の抗体が出来てしまい、その抗体が過剰免疫反応を起こしてしまったということです。

 

具体的に言えば、毒蛇や蜂などに噛まれたり刺されると1回目は体内に抗体が出来るだけなので治療すれば問題はないのですが、次回まだ噛まれたり刺されたりすると

 

1回目で作られた抗体が過剰免疫反応を起こしてしまいなる事を言います。

 

 

毛染めはアレルギー反応を起こすのでこういうことが無いとは言い切れないものが入っています。

 

しかもやっかいなことに使えば使うほど抗体が作られる可能性が高くなるので今は大丈夫でもそのうちアナフィラキシーショックが起こる可能性も0ではありません。

 

市販の毛染めは1回で染まるし便利ですがちょっと使うのを躊躇してしまいますね。

 

白髪染めトリートメント一覧へ

サイトメニュー